施設名
2022.01.06
#横浜ベイコート倶楽部

「横浜ベイコート倶楽部」で過ごす平日夫婦旅|都内からプチ旅行気分でみなとみらいへ

KEYWORD

気軽に遠出するのが難しい今日この頃。都内のホテルステイもいいけれど、近場で旅気分を味わいたい。と考えている方も多いのでは?そんな中、候補に上がったデスティネーションが横浜。今回は、都内からのアクセスも良く、デートスポットとしても人気のみなとみらいエリアに2020年オープンしたばかりの「横浜ベイコート倶楽部」へ夫婦で訪れました。夜景やグルメ、スパなど、盛りだくさんの1泊2日の夫婦旅の様子をお届けします。

Day1

■ 12:00 「横浜ベイコート倶楽部」に到着

昨年2020年、横浜みなとみらいエリアにオープンしたばかりの、「横浜ベイコート倶楽部」。みなとみらい駅より徒歩8分、横浜駅からはタクシーで6分とアクセスも抜群。

大きな壺が並ぶ明るいエントランスを通り、14階のロビーへ。ゴールドと黒を基調とした、重厚感のあるインテリア。大きな窓からは自然光が差し込み、目の前に広がる、みなとみらいの絶景に心躍ります。

■ 12:30 「マディソン ラウンジ」で、みなとみらいの絶景と絶品スイーツを堪能

主人は仕事終わりに合流予定の為、少し早めにホテルに到着して、チェックインの時間までは友人とお茶することに。ホテル14階の「MADISON LOUNGE(マディソン ラウンジ)」からは、みなとみらいの景色を一望することができ、非日常感を演出してくれます。

フランスで修行した経歴をもつパティシエが手がける、こだわりの素材を贅沢に使ったスイーツを堪能。

大人気の「フォンダンショコラとイチゴの関係」と「モンブランパフェ」をシェアしていただきました。どちらも素材の味をしっかりと感じられる、甘さ控えめな味付けでペロリと完食。一緒にいただいたコーヒーは横浜ベイコート倶楽部オリジナルブレンドのコーヒーで、苦味と酸味のバランスがほどよく、スイーツとの相性も抜群でした。

■ 15:00 広々快適なスイートルーム「ロイヤルスイート」にチェックイン

友人とゆっくりお茶を楽しんだあとは、ロビーに移動してチェックインの手続きを。

今回宿泊したのは、施設内で最も大きい客室カテゴリの「ロイヤルスイート」。約100㎡の広さを誇る客室には、天蓋フレーム付きの大きなベッドにL字ソファ、フォトジェニックな円形のバスタブ、シャワールーム、憧れのダブルシンクにお手洗いは2ヶ所完備と、2人で使うには勿体無いほど贅沢な客室です。

リビングルームやバスルームからも、横浜の景色を一望することができます。

電源付きの大きなデスクがあるので、お部屋で快適にリモートワークをすることができました。こちらのスペースで、次の予定まで少しの間お仕事タイム。

■ 16:30 ジムでワークアウト。「パーソナルストレッチ」でアフターケアもしっかりと

ずっと興味があったけれど、今まで1度もチャレンジしたことがなかった「ストレッチ付きのパーソナルトレーニング」。チェックインの際にお話を伺い、早速予約を入れてみました。

30分の自重トレーニングの後に30分のストレッチがセットになった1時間のプログラムを体験。日頃からトレーニングやヨガをしていても、体の使い方のクセや歪みはなかなか自分で直すことができないのが悩みでした。知識豊富なトレーナーさんのおかげで、安心して体を動かし、日頃から気になっていた体の可動域に関する悩みについても相談することができました。

トレーニング後のストレッチは、まさにご褒美のような感覚。普段、自分で伸ばすことができない深い部分まで、しっかりとストレッチをかけてもらいます。1時間、一通りのプログラムが終了した後に感じたのは、「筋肉痛になりそうなくらいトレーニングはしたけど、しっかりとほぐされた感覚」。トレーニングだけの時とは比べ物にならないほどのスッキリ感に、ハマる人が多いのも納得です。

■ 17:30 ジムにプール、ジャグジーなど…充実の施設を体験!

夕食までの間少し時間があったので、ジムとプールでもう少し体を動かしました。

プールから外に出るとバイブラバスがあり、横浜の夜景を見ながらの時間は贅沢な気分にさせてくれます。ちなみに、トレーニングウェアや水着のレンタルなども可能でした。

■ 19:00 仕事後の夫と合流

仕事を終え都内から移動してきた夫がホテルに到着したので、ロビーで合流。夕食までの時間は広々とした客室でお風呂に入ったり、ソファでリラックスしたり、それぞれのんびり過ごしました。

ロイヤルスイートの客室のバスタブは、円形でとても大きいので、自宅とは全く異なるバスタイムを楽しむことができました。せっかくなので、バブルバスにして夜景を見ながらのんびりとお風呂を満喫。

夕食へ行く準備を整えたら、少しの間リビングルームで休憩。大きな窓からは、みなとみらいの観覧車のライトアップが!煌びやかでカラフルなイルミネーションに、気分も上がります。

■ 20:30 「中国料理 眺遊楼」で絶品中華を堪能

横浜ベイコート倶楽部の先端に位置するレストラン、「中国料理 眺遊楼」へ。今回は、【嬉遊(きゆう)】のコースをいただきました。

まずは、アミューズの【キビまる豚 香り焼き】、そして前菜の盛り合わせからスタート。種類豊富な前菜を少しずつ楽しむことができ、上品で繊細な味付けに、次はどんなプレゼンテーションでサーブされるのか終始ワクワクしていました。

【モウカ鮫のフカヒレ 極上スープ】に使われる、調理前の巨大なフカヒレを見せていただき、思っていた以上のサイズ感に驚きました。この大きなフカヒレの特に美味しい部分をスープとして出しているんだとか。柔らかく煮込まれたフカヒレとスープのとろみが相俟って、至福の一杯でした。

ソムリエのおすすめワインをペアリングで願いしました。”ワインペアリング”と聞くと、お料理に合わせて決まったものがセットになって提供されるイメージでしたが、こちらのレストランのペアリングは、好みや苦手な味、お気に入りの産地まで、しっかりとヒアリングした上で、パーソナライズされたワインペアリングを楽しむことができます。

そして、こちらのレストランで使われているグラスは、ホテルの外観をイメージして選んだグラスなんだとか。細部にもこだわりが詰まったレストランで、大満足のディナーとなりました。

Day2

■ 7:00 「日本料理 濱」にて。水庭を望む個室で贅沢な和朝食を

翌朝、少し早起きして朝食に訪れたのは、ホテル3階に位置する「日本料理 濱」。全て個室というのも嬉しいポイントです。大きな窓からは、水庭を眺めることができ、個室ですが開放的な雰囲気が魅力。

まずは、一食分の野菜が摂れる【3種の野菜ジュース】からスタート。とても可愛い和柄のお重の中には、丁寧に作られた小鉢が6種類並びます。さらに炊き立ての土鍋ご飯に、煮干し出汁のお味噌汁、鮑と浅利がふんだんに使われた濵なべなど…目移りしてしまうほど豪華な和朝食。

ボリューミーな朝食でしたが、お料理に合わせるお出汁の種類を少しずつ変えたり、必要最低限の味付けで素材の味を生かして調理されているので、飽きずに最後まで美味しくいただくことができました。

朝食を食べてから夫は出社したので、こちらで一度解散です。

■ 10:30 横浜にいながらハワイ気分!?「The Spa」でロミロミを取り入れた極上トリートメントを体験

朝食後、お部屋でのんびりと過ごした後は、ホテル3階の「The Spa」でスパを体験。「The Spa」は、「カハラホテル」と共用の施設なので、ハワイにいるような雰囲気やハワイらしいトリートメントも豊富に揃っていました。

たくさん種類があって迷いましたが、セラピストさんイチオシの「YOKOHAMA LomiLomi」を受けることに。ハワイの伝統的なマッサージ”ロミロミ”を取り入れた、オリジナルのトリートメントです。

ハワイのスキンケアブランド「Ola」のプロダクトの中から、フットバス用の香りを1種類選びます。ハワイを連想させる【プルメリア】の香りをチョイスしました。

ボディトリートメントに使うオイルは、冬季限定のキャンドルオイルを使います。3種類の香りから1つ、その日の気分にあうものをセレクト。私が選んだのはスリミングのオイルです。

まずは、フットバスで足を温めてから、先ほど選んだキャンドルオイルに火を灯し、溶け出したオイルを使って全身をマッサージ。キャンドルで温められたオイルが、じんわりと体を包み込むような感覚が、とても気持ちよかったです。

最後はアフターカウンセリングを受けながら、ハーブティをいただきます。カウンセリングシートから、数日後が誕生日ということに気付いたセラピストさんが、手書きのお誕生日メッセージとハーブティを包んで、帰り際に渡してくださるサプライズ。とてもスマートな心遣いに、ほっこり気持ちまで温かくなりました。

■ 12:30 いちごをふんだんに使ったアフタヌーンティー【ストロベリージュエルボックス】を堪能

チェックアウトを済ませ、せっかく横浜まで足を伸ばしたので、事前に近くに住む友人と会う約束をしていました。無類のいちご好きの私のために、前日から夫が予約しておいてくれた、【ストロベリージュエルボックス】を友人と楽しむことに。

まずは、すっきりフルーティなノンアルコールシャンパンで乾杯。ロゼのピンクカラーがとってもかわいい!

ストロベリージュエルボックスとアフタヌーンティのセットが登場。夫からの花束も一緒に届きました。お花のギフト付きプランは、お友達同士のバースデーとしても喜ばれそうですね。

早速、立派な箱の鍵を空けてみると…まるでジュエリーのように並べられた、真っ赤な苺が。下の段にはチョコレートが入っていました。

3段のスタンドに乗せられた、見た目もかわいいデザートの数々。そして、アフタヌーンティには欠かせないスコーンやクラブハウスサンドまで盛りだくさんのラインナップを堪能しました。

■ 15:00 帰宅

「横浜ベイコート倶楽部」で過ごす、1泊2日の横浜プチ旅行。一流のホスピタリティをホテルで体感し、夜は本格中華を堪能、横浜の煌びやかな夜景に、朝は豪華な和朝食を、そして最後にハワイの風を感じるスパでロミロミを体験。日本にいながら、異国情緒溢れる横浜らしい過ごし方が叶いました。

横浜だからこそ、仕事を終えた後に夫も気軽に合流する事ができ、一緒にステイケーションを楽しめることも魅力。気軽に旅行に出かけられない今だからこそ、都内からもアクセス抜群な「横浜ベイコート倶楽部」で、海外旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか?

横浜ベイコート倶楽部のフロントデスクではホテルオリジナルアイテムを販売しています。
ベイコートロゴの入った「チョコレートブラウニー」はご滞在の思い出や大切な方へのプレゼント用におすすめです。

※ご利用になれるお部屋のグレードは、ご契約会員権の利用規定に準じます。

※新型コロナウイルス感染防止対策として、館内施設の営業形態および営業時間などを変更しております。詳細は公式ホームページよりご確認をお願いします。

Written by
トラベルライター
Yurie Yamamizu